笑顔の女性

症状を知る

男の人

心療内科とはあいまいなようですが、心の病を取り扱うということでは精神科と同じです。対応方法が違うのが基本です。しかし病院によってはあいまいなところもあったり、もともと精神科に人が心療内科を謳っていることもあるので、それぞれの傾向を知ったうえで行動すれば間違いは少ないと思います。

Read More...

心神医学を専門とする医療

診察

心療内科とは、精神科と別の概念として区分けされながら、精神科医により開業されていることが多いです。ただ、心療内科が日本で日本で定着して以降、患者への偏見や通院への引け目が無くなり、多くの患者の心神医療が行われています。

Read More...

心の問題を取り扱う

レディー

心療内科とは精神的な問題が身体に不調を与えた際に通える病院です。精神科とは少々異なりますので注意しましょう。よりスムーズな形で心療内科による治療を進めたい場合、良い病院を選びが欠かせません。相性の合う医師がいる病院を探しましょう。

Read More...

ストレスが多い社会

女医

ストレスで出る体の症状

大切な仕事やテストの前になると胃が痛くなってしまう、取引先との接待や大切な人と会う前はやたらとトイレが近くなってしまう、ストレスが原因になってこのような症状が出てくることはだれの身にも起こってきます。ほとんどの場合はストレスが取り除かれればこれらの症状は治まってしまい、体調も元に戻っていきます。ですが中には体調がそのまま戻らないで悪化してしまって病気になってしまう人も出てきます。胃が痛くてその痛みがなかなか取れないので病院で診察してもらったら、胃潰瘍になっていたという場合などです。このようなストレスが原因になっていて、体に表れてしまった病気を診察するところが心療内科です。心療内科とは心の問題がもたらしてしまった症状を診察するところで、これらの身体症状を心身症と呼んでいます。そのほかに精神的な問題から体に症状があらわれてくる仮面うつ病や、パニック障害など本来ならば精神科の領域の病気でも、軽度なものは心療内科で診察しています。心療内科とはストレスや精神の問題があってそれが体に表れてくる症状、いわゆる心身症を治療する診察科です。病院が外科や内科と同じように心療内科の看板を掲げて診療ができるようになったのはごく最近のことで、心身医学的な治療法に保険が適用されるようになったのは1990年からです。心療内科とはごく最近認められてきた診察科になっていて、ストレスの増大とともに診察の需要が多くあり診察する医師の数も年々とその数が多くなってきています。

心身両面から

自分ではストレスが原因で体に症状が出ているとは、なかなかわかりません。多くの人はおなかが痛ければ内科へ、耳なりがすれば耳鼻科へ、目が疲れてくれば眼科へ診察に行きます。だれもが体の症状が出ている部分の診療科へ診察に行きます。長い間診療を受けていても治らないからとか、ほかの科から紹介されて心療内科に診察に来る人も多くいます。心療内科とは、受診のきっかけになっているのはいろいろとありますが体のいたるところに出てしまった症状を、心身両面から治療を行っているところです。ただし体の症状が重傷であったり急性だったりしたときには、その場所の専門診療科のほうで受診することになります。心療内科とは心身両面で治療を行う診察科です。たとえば糖尿病や高血圧症などは生活慣習病になりますが、これらの病気の発症原因として心理状態や、社会的なストレスが原因となっているときがあります。心療内科では降圧剤を処方したり食事療法やインスリンの投与などの内科的な治療を行う一方で、その病気を引き起こす原因になっている心の状態の治療もおこなうことになります。ストレスがすべて体に不調を表すということはありません。ストレスの受け止め方にも個人差があって、体にどれくらいあらわれてくるのかも個人差があります。体に表れてこなければ精神に影響を与えてしまうことも考えられます。心療内科では症状を薬などで抑えるばかりではなく、カウンセリングなどを通して原因となっているストレスを取り除くことも、治療の一環として行っています。