ウーマン

症状を知る

男の人

何科にかかるかを判断する

心療内科とはどのようなところでしょうか。精神科、神経科とはどのように違うのでしょうか。通常言葉が示す通り、心療内科は心の症状に対しての病院と理解すべきですが、場合によっては、精神科と同じような立ち位置であったり、精神科と聞くと重く聞こえてしまうのを軽減するために心療内科と謳うこともあるくらい境界があいまいなような気がします。実際、鬱病、適応障害、不安障害といった症状の時は精神科でも、心療内科でも診てくれます。ただし、精神科はその病気によって出ている症状を和らげるところに対し、心療内科は原因を取り除くための対策を提案するというようなイメージになります。例えば、鬱病の人がいたとして、ふだんから落ち着かず、精神的にもイライラが募り生活に支障をきたしている人がいたとします。精神科であれば、抗鬱薬や抗不安薬を継続的に服用してイライラや不安を落ち着かせるというやり方。心療内科とはストレスが原因でそのような鬱状態になっていることと考え、ストレスを緩和させるために診断書を書き、休職をすすめたりします。休むことによりストレスを軽減していくというアプローチをとります。薬も出しますが、短期間で、強めの薬を出し、どうにもこうにも苦しいときは飲みなさいという指示をします。心療内科とは見た目的にはいくら検査しても異常が見られないために、ストレスが原因で異常が発生していると考えるのでその原因を取り除くことに力を注ぎます。精神科は症状自体を緩和するというアプローチをとっています。

違いを理解し活用する

心療内科とは精神科のミニ版であるという考えではありません。症状がそこまで重くない傾向があるのでそのようなイメージが定着していますが、前述したとおりアプローチが違うのでどのような治療を求めているかを自分の中で考え、どこに行くか決めるのがよいかと思います。あまりにもストレスが多く、休職したい、部署異動したいというような考えを持っているのであれば心療内科に行きその旨を説明すれば診断書を書いてくれるでしょう。職場でなかなか物言えない環境の場合はこのような手段を活用しましょう。症状を緩和して、今の仕事を頑張りたいという人は精神科に行くといいでしょう。長期間にわたり通院し、薬をのみつづけることにより症状が緩和されます。診断書も書いてくれますので、休職まではいかなくてもちょっと考慮してほしいといった時に診断書を出しておくと職場も少しは考慮してくれるでしょう。それぞれによいところ、問題点があるので、自分がどのようにしたいのか、とりあえず休んで、リセットしたいのか、長期間にわたって治療したいのか、自分の判断でどちらに行くか決めることができると思います。ほかの違いとしては、統合失調症など明らかに重症でストレスだけでない要因があるようなものは精神科で診てもらうのでストレスに関連した病気の時はどちらに行くかは自分で決めましょう。どちらにしても適切なアドバイスをくれ、自分がどのような位置にいるのか、希望している治療法と合わない場合は、どこに行けばよいのかアドバイスをくれます。